グリスリンを不妊治療のために服用

グリスリンを不妊治療で服用していました

グリスリンサプリメントを不妊治療が目的で、医師の処方の元に服用していました。

 

子供になかなか恵まれなかったため、産婦人科に検査に行ったところ、まずは3ヶ月間、基礎体温をつけるように指示されました。

 

指示されたとおり、3カ月間毎日、測定して再び産婦人科に行くと、高温期と低温期の波がなく、恐らく無排卵であろうと診断をうけました。確かに、生理周期はバラバラでしたし、生理が来ない月もありホルモンのバランスはよくないであろうことは、自分でも予測していました。

 

そして医師から勧められたのが、このグリスりんサプリメントでした。

 

医師によると、女性でも必ず男性ホルモンは持っているものであり、これが過剰であると無排卵であったり無月経になったりするので、男性ホルモンの過剰分泌を抑え、女性ホルモンが増えるように服用するのだと言われました。

 

また、ホルモン剤ではなく、きのこ類から抽出される天然成分のため副作用もないので、安心してこのサプリメントを服用できる点も強調されました。

 

服用し始めて半年で、基礎体温の低温期と高温期の差がわずかながらも出てきました。排卵期を見極め何度か挑戦しましたが、妊娠にはいたらず、さらに半年が過ぎました。

 

もちろん、グリスリンのサプリメントは飲み続けていました。結局、1年半グリスリンサプリメントを服用し、生理も毎月、来るようになり、さらに妊娠もできました。

 

私には効果があったようです。ホルモン療法などには抵抗があったので、このような治療で妊娠できたのを嬉しく思います。今は一人娘を大切に育てています。

 

(埼玉県 さきさん)