新ドゥーテストLH

ロート製薬の新ドゥーテストLHを使用

多嚢胞性卵巣症候群と2年前に診断され、現在妊娠6か月の私はロート製薬の新ドゥーテストLHをずっと使っていました。

 

会社近くのドラッグストアで薬剤師さんから購入できるというのと、国産であるというあまり意味のない安心感からでした。

 

不妊症の恐れがあると診断されてから基礎体温で排卵日あたりに診察を受けても「無排卵かもしれない」と絶望的なことを言われることに耐えられなくなり、最初に通っていたクリニックをやめました。

 

連続流産した経験もあり、大学病院で不妊や不育症の検査をしても直接的な原因が見つからず、先生に今後妊娠することが出来るのかと泣きながら聞いた質問に「妊娠できますよ」とおまじないのような一言をもらってからは、自分で基礎体温をつけ排卵予想日近辺から排卵検査薬を使ってタイミングと取る、というオーソドックスな妊活を数カ月続けました。

 

途中、化学流産もありましたが排卵検査薬を使って自己タイミングを取り始めて半年での妊娠発覚でした。

 

妊活友達の中には排卵検査薬は一周期で何本も使うもので、国産だと12本で約3,700円と高いから…と海外製を検討している子もいましたし、海外製・国内製で精度の違いはそんなにないと思いますが、私は安さではなく安心感で排卵検査薬を選びました。

 

(埼玉県八潮市 ぽいぽいさん)